日本の伝統「正月の行事」は

日本の伝統であるお正月の行事には、どのようなものがあるのでしょうか。

お正月は必ず初詣に行くという人も多いのではないでしょうか。 初詣は日本の伝統的な行事の1つです。 初詣は、これから始まる一年間が良い年であるように神社やお寺、寺院に参詣するという行事です。 初詣は元旦に参ったほうが良いというところあるようですが、3日まで、7日までに参ると良いというところもあります。 東京の明治神宮、福岡の太宰府天満宮、京都の八坂神社などは、元旦の参拝者が多い神社として有名です。

書初めも日本の伝統的なお正月の行事です。 書初めには、字を上手に書けるようになるために年の初めに筆をとるという意味があります。 書く文字はどんな文字でも構いません。 今年の目標を簡単な文字にして書くという人もいます。 子供が上手く字を書くことができるようになるために両親が子供に書かせるという家庭も少なくはないようです。

お正月に家族や親戚と食卓を囲むときに食卓にあがるおせち料理も日本の伝統です。 おせち料理には、家内安全や豊作などを祈る意味もあります。 おせち料理に入れるそれぞれの料理にはさまざまないわれがあります。 最近は、インターネットなどでもおせち料理は販売さrれていますが、伝統ある習慣なので、各料理に込められている意味を考えながら自宅で作ってみるのも良いのではないでしょうか。

正月の遊びの行事として伝統になっているものとして、百人一首があります。 百人一首は、和歌の上の句を読み、下の句を探して集めるという遊びです。 有名な和歌が多数あり、暗記をしている人も少なくはありません。 正月以外でも遊ぶとして行う人もいるようですが、元旦に家族や親戚が集まったときに百人一首を行うという家庭が多いようです。 勉強にもなり、趣きがる日本の遊びの1つです。 この他、羽根つきも昔から引き継がれている元旦の遊びです。 羽子板で羽を打つというこの遊びは、今では羽子板や羽が手に入らないので行わないようになったという人もいるようです。 羽根つきも趣きがある元旦の遊びです。

お正月に家の門にしめ縄をつける家庭も多いのではないでしょうか。 年末になるとしめ縄を購入したり、自分で作るという人もいるようです。 しめ縄は神様を家に招き入れるため印という意味があります。 家の門や玄関につけ、ここが家の正面であり、入り口ということを示し、神様をそこから迎えるようになっています。

日本の伝統的な行事でお正月を迎えましょう。


今これがおすすめ

▲ページトップに戻る